その五




'97年2月、シャクシャイン解散後、梅津和時グループの一員として、アジア各国を1ヶ月間、ツアー。これはインドネシアの首都、ジャカルタのコンサートホール前でのスナップ。左から新井田さん、立花さん(B)、梅津さん、太田君(Vl)、僕。この後、地元のラジオに生出演した僕は、DJの流暢な英語にまるでついて行けず、「マイク・スターン」の事を、ずっと「マイク・スタンド」と聞き違えていて、チンプンカンプンな会話を繰り広げた。前年ニューヨークでマイクと共に加藤真一君(B)のレコーディングに参加した話を、DJの方は聴きたかったみたいなのにぃー。グスン、、、。






ミャンマーの首都、ヤンゴンでのライブショット。メンバー全員、ミャンマーの民族衣裳を着ております。下は布を一枚巻いただけの、いわゆるスカートみたいなモノでした。服装でプレイが変わる事を知った一日でした。アコギのスタンドが無くて、ギターケースを堂々とステージに出している所がナイス!






ミャンマーでのライブ終了後、メンバー一同とハイ、パチリ。太田君はフィリピンからの参加なのでここには居ませんでした。






ラオス・ビエンチャンにて。ラオス大使公邸に夕食に招かれた時の一コマ。夕食が出来るまでガーデンでくつろぐ僕と新井田さん。実は目の前には、雄大なるメコン川が横たわり、正にそこに今、夕日が沈まんとしているトコロだったのだ!その夕陽があまりに素晴らしすぎて、僕らは翌日もメンバー全員で押しかけて、「東洋一のこの夕陽」(大使談)を見てしまった。(単に夕食、たかりに来た、とのウワサも有り)



NEXT→